疲れている時に仕事をうまく進める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

“仕事をずっとしていると疲れてくることがあると思います。
そんな時にどのようにして仕事をうまく進めれば良いのでしょうか。
疲れている時に仕事をうまく進める方法について迫りたいと思います。

1、気になることを片付けてしまう

仕事をこなさなければいけないけれど、疲れてきているし、他にやらないといけないことが浮かんで、仕事に集中できないということがあるのではないでしょうか。
そんな時は、思いきって頭に浮かんできたやらないといけないことを終わらせてしまいます。
そうすると、気になることがあって仕事に集中できない、という状態がいくらか軽減されるのではないかと思います。

2、同じ作業を続けない

同じ作業をずっと続けていると、次第に疲れてくるものです。
そんな時にこそ、先程あげたような、頭に別のことが浮かんでくるという現象も起きるのではないでしょうか。
同じ作業が続くような場合は、1時間に10分ほどリフレッシュできる時間をもうける、などすると、疲れがたまりにくいと思います。
そして、同じ作業でも、やり方を変えてみるなど少し工夫をすることで、疲れたり飽きたりすることを防げます。

3、好きなことをする

仕事の中でも好きな作業があると思います。
疲れている時は、好きな作業に没頭する、というのはいかがでしょうか。
休めなくても、好きなことをしているだけで幸せな気持ちになり、リフレッシュできると思います。
ぜひ疲れてきた時は、好きな作業を取り入れることをおすすめします。

4、本当に疲れた時は……

それでも、仕事を続けていると疲れてしまうことがあるのではないでしょうか。
体調が優れない時は、早めに寝るなどして、睡眠時間を多くとるようにしましょう。
また、野菜をたくさん使ったバランスの取れた食事をとることをおすすめします。
忙しいからと、パンやお米ばかりの炭水化物ばかりの生活だと、体から疲れてきてしまいます。
心が疲れてくると、体にも影響が出ますが、体を大切にしないと心が疲れてきます。
疲れを取るのに睡眠はとても大切です。
また、体は口からとるもので、つくられています。
なるべく日々の食事に気を付けながら生活をすることで、体が疲れてくることを防ぐことができるでしょう。

5、デスクワークなど同じ姿勢が続く場合

デスクワークなどで、同じ姿勢が続く仕事をなさっている方も多いと思います。
1時間に10分程度休みを取ることが有効だと思いますが、パソコンやスマホなどで作業している場合、なるべく作業をしていない時は、遠くを見るなどして目を休めることを大切になさってください。
また、ウォーキングや簡単な体操などをすることにより、固まった筋肉をほぐしてあげることも有効でしょう。
なるべくエスカレーターやエレベーターを使わず、日常の生活の中に軽く運動できる機会をもうけるといいと思います。

疲れている時、仕事が思うように進まず捗らないということもあると思いますが、なるべくマンネリとなることを避けるように、仕事の中にちょっとした変化を取り入れるということを大切になさってはいかがでしょうか。
ここで提案した方法は、ほんの一部ですが、ぜひ独自のやり方で、仕事の中にちょっとした変化を持たせてみることをおすすめします。そのちょっとした変化が、あなたらしい仕事ぶりに、変化していくのではないでしょうか。
そして、本当に疲れてしまった時は、無理をせず休息をとるということを大切にして欲しいと思います。
心も体も壊れてしまっては生活をすることができません。
自分の心と体を大切にして、無理をしない程度に仕事をすすめていくことをおすすめします。
そして、睡眠、食事、運動のバランスを効果的にとると良いのではないでしょうか。”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る