無駄をそぎ落としていくことで本当の自分が見えてくる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

断捨離、片づけの効果は表面的なことだけではありません

断捨離ブームで部屋を綺麗にすることが流行りのようになりました。
ミリマリストなどという新しい言葉も出てきましたね。
綺麗な部屋にすることは見た目のためだけでなく、健康のためにも精神的にも良いことです。

無駄を捨て去ることで、何も持たないことで自由を得ている、そういう風にとらえることもできますが、実はそれだけではありません。
むしろ全ての無駄を手離すことで、大切なものを見つけて手に入れることができるからです。

片付いて、身の回りがシンプルになることで余裕ができる

まず、一般的な断捨離、片づけによる効果は、部屋や自分自身の問題を片付けていくことで煩わしいことが減ることです。
身の回りがシンプルになればなるほど、余分に考えることもすることもなくなるので時間も体も余裕ができます。
常に忙しくしていることがカッコいいと思っているのか、バタバタしている様子を見せたりアピールする人もいますが、実は余裕は大切。
余裕がない生活を続けると気がつかないうちにイライラした顔つきになっていたり、言葉遣いも早口できつめになるなど、影響が出てきます。
いつの間にか、忙しい毎日をゲームのようにこなしていくだけ、そんな風になっているかもしれません。
余裕がないとつまらないことで腹が立ったり、ミスが起こりがち。多少の余裕が持てるように生活を組み立てていきませんか?

余裕が持てるから、新しいことを始めようかという気持ちが出てきます

あえて、何もしないということを予定にして、フリーな時間を作るようにしてみましょう。
理想的なのは1週間の真ん中の日ぐらいにそういう日を入れることです。
何も予定を入れないことが予定ですから、ぼーっと寝転がっているだけでもいいのです。
そういう時間を1時間でも2時間でも意識的に作っておくことで余裕が持てます。

「こんなに無駄にぼーっとしたし、頑張ろうかな」とも思えます。
また、片付いた部屋でぼーっとしていると、何か新しいことを始めようかなといった気持ちにもなってきます。
これが部屋が散らかったままですと、「片付けなきゃな」「ゴチャゴチャしているな」とか余計なことを考える時間をとられてしまいます。

本当にやりたかったこと、求めていたことが見えてくると嬉しい

断捨離後、すっきりとした部屋で新しく何かを始めようとか、今までやってみたかったことを思い出したりする瞬間、すごく嬉しくなります。
私自身の経験で言いますと、無駄な交友関係を捨てました。
仲良くもないうわべだけの友達関係、ランチ会、飲み会と称して、集まって数時間結局は誰かの悪口、ウワサです。

そんなことに費やす時間を捨てようと決めたのです。
空いた時間で、今、昔からやってみたかった手芸をしています。
30分、1時間でも夢中になれる時間があるのは幸せだなと思います。

まずは一旦リセット、新しい自分になるために

私は部屋にある無駄な物、本などを徹底的に数年かけて処分しました。
そして、うわべだけの空しい人間関係も徐々に疎遠にしてゼロにしました。
おかげで、現在は心の通った本当の友達とだけ会うのでストレスはありませんし、楽しい時間だけを持てます。

空いたお金と時間で手芸の道具や材料を買い、布団に入る前の30分ほどでも少しずつ作っては楽しんでいます。
以前はダブルワークなどでお金を稼げばいい、手芸なんてお金と時間がかかるだけ。
買った方が安いし、きれいだし、時間もかからない。
……合理的ではありますが、少々さみしい考え方だったなと今は思います。

確かにダブルワーク時代は経済的には心配はなかったかもしれませんが、ストレス解消のため、時に無駄な買い物をしたり、前述のランチ会、飲み会などの交際費もかかっていました。
私は無駄をそぎ落としていくことで、自分が内向的な性格であること、大切にしたいのは、仕事を沢山することではなく家での時間であることなど本当の自分が見えてきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る