人づきあいは深入りしない方が上手くいく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

つきあいってお好きですか?

会社、近所、プライベートと私たちは外に出れば誰かと関わりを持つことになります。
この人づきあい、好きな人、得意な人は特に何も意識せず生活しているでしょう。
ただ、引っ込み思案な性格の人や独りを好む人も世の中には沢山います。

そういう人からしたら、飲み会、ランチ会などは苦痛に感じる行事かと思います。
私自身も本当は人づきあいが得意な方ではありません。
ですが、協調性はありますのでその場の雰囲気をこわさない努力はしつつ、できる範囲でのおつきあいをしている、そんなタイプです。

浅く広く、狭く深くと言うけれど、上手くいく方法はどちらも同じ

人づきあいでよく言われます、浅く広くとか狭く深くというタイプ分けですが、これは単なるつきあい方のスタイルであって、人づきあいの上手い、下手は関係ないと思います。
浅く広く誰とでもその場しのぎでわあわあと盛り上がるタイプの人もいますが、人づきあいが上手いと思っているのは実は本人だけで、周りは「うるさい人で苦手」とか「すぐにウワサを広めるから警戒しておこう」と、煙たがっている場合もありえます。

また数人しか友人がいない内向的な性格の人でも、友人からすごく大切に思われていて、いい関係を長年築いている場合もあります。
つまり、社交的とか内向的とかそういうことで人づきあいが上手くいく、いかないは左右されないのです。

人は人、合わせることができないことは合わせなくてOK

人づきあい、恋愛が上手くいく秘訣は、「無理をしない」ということではないでしょうか。
無理をして相手に合わせるというのは、隠すのに相当なエネルギーを使いますから、後でどっと疲れますよね。

また、相手が鈍感ならば気がつかないのですが、察しのいい人なら「ああ、相手は無理に合わせてくれているな」と感じるものです。
つきあいは全てしようと思うと時間的にも経済的にも厳しいのは誰だってある程度わかることですから、無理をせずできないことはできないと素直に断ることも大事です。

相手もまともな人なら断られても残念には思うものの悪感情は抱かないものです。
文句を言ったり、無理やりつきあいを強要するようなタイプは男女関係なくワガママで自分本位な性格ですから気にすることはありません。

追わないことで相手が追いかけてくる

恋愛には心理を応用したテクが色々あります。
いつも誘いに応じるより、断る方が相手が燃えて追いかけてくるとか、いつも追いかけていたのを急に辞めると相手が不安に思って今度は追いかけてくるなど。

あまり、このようなテクニックばかり詳しくなるよりは、素直な気持ちでつきあった方がいいのではないかと思いますが、確かに追わないことで相手は不安になり追いかけてくるというのはありますね。

さらっと流れるように生きたいもの

人づきあいは相性です。
続く人とは、特別な努力や我慢をせずとも自然と長くつきあえますし、切れることもありません。
もし、一時的に切れたとしても、必ずやまた復活します。
一方、相性が悪いと、お互いが努力してもどうもしっくりこないと感じます。

ですから、気が強い相手の場合は「こんなに我慢してやってるのに」と、憎しみを持って、ある時怒りをぶつけてきたりします。
こうなってくると相性が悪いから離れた方がいいと、ある程度経験を重ねればわかってくるのですが、若い時などは経験が少ないので「自分が我慢すればいい」とか「合わせるからごめんね」などと泥沼化するつきあいに自ら進んでしまったりすることがあります。

合わない人とは合わない、深入りしない、さらっと離れる。
そういうことも必要な場合もあると、人生経験を積んでいる中で、思う時が何度かありました。
また自分がそう思っているのに相手から食い下がられてますます嫌な思いをしたこともあります。
川の流れのように、さらさらと生きたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る